• メール

腱鞘炎について

朝から晩まで痛みを感じる…これって腱鞘炎かも?そう思っている人にいろいろな情報を提供するサイトを目指しています。腱鞘炎になる原因から症状、痛みや治療についてなど、いろいろご紹介していきたいと思います。腱鞘炎をには、正しい知識が必要なんです。腱鞘炎についてしっかりとした知識を持つことで、完治するまでの道のりが短かったり、繰り返すことも少なくなります。腱鞘炎になりやすい人ってどんな人なのかというと、一部分の関節に負担をかけすぎる人です。スポーツや仕事、パソコンのタイピングでも腱鞘炎になってしまう人もいるんです。腱鞘炎かな?と思ったら、無理は禁物です。ますは安静にして様子を見るのが一番ですよ。

腱鞘炎になる原因

腱鞘炎になる原因は、指先や手首などを長時間酷使したりすることが一番多いです。腱というのは、通常の状態でも動作をするたびに擦れて腫れてしまうことがあります。この腫れは一過性なので、ほとんどが短時間で元通りに回復します。しかし、これを短期間で繰り返すことによってダメージが蓄積されて、痛みや腫れが治まらなくなってしまうのです。こう考えてみても腱鞘炎は、手や指の酷使が原因ととらえることが出来ますね。また、腱鞘炎は男性より女性の方が多いと言われていますが、これは筋力と関係しているようです。男性に比べて女性の方が筋力が劣っているので、手や指を酷使してしまうと痛みが出やすいのです。その他にも腱鞘炎の原因と言われているのが、肩や背中のコリ。指先や手を一生懸命治療しても、なかなか腱鞘炎が改善しないという方は背中や肩のコリも解消してみてください。繰り返す腱鞘炎に悩んでいた人が、肩や背中のコリを解消したら改善したという人もいるんですよ。また、腱鞘炎かなって思ったら、ちょっとの痛みでも休めて様子を見るようにしてくださいね。気にせず患部を酷使していると、どんどん悪化して繰り返しやすくなってしまうかもしれません。

テニス肘の治し方
腱鞘炎のご相談で多いのがテニス肘。テニス肘についてはこちらのサイトがまとまっていますね。

PageTop